This is Why I Write.

バスケ関連・書評・旅ログを中心に書いています。

【書評】Amazon 世界の最先端の戦略が分かる

 
アマゾンを知ること=これからの世界を知ること

本書はアマゾンが行なっている多種多様なビジネスについて、網羅しようとした一冊である。
アマゾンは秘密主義を貫いている会社で、情報があまり外に出てこないらしい。
(サーバ等の社内で使われているシステムも全て自社で作っている)
そんな中で、著者の成毛眞氏は沢山の情報を集め、この一冊にまとめた。
詳しい情報が明かされていない部分については、
集めた情報と経験に基づいて、著者が推測し解説をしている。
 
アマゾンという1つの企業が、今の世界にどれほどの影響を与えているかを説明する。
通販は楽天派!という人もいるかもしれないが、アマゾンはもはや通販会社ではない。
アマゾンと関わらず生活している人はいないのでないかと成毛氏は推測する。
企業はAWSのサーバを使い、小売はアマゾンのFBA(ネット通販のインフラを提供するサービス)や
マーケットプレイス経由でモノを売る。
個人はAMAZON PRIMEで音楽を聴いたり映画を見る。
アマゾンが提供しているサービスは多種多様すぎて(しかもどれも業界トップクラスも多い)
もはや何の会社か分からなくなりつつある。
 
ちなみに、CEOのジェフ・ベゾス氏は自らの会社をロジスティクス企業と呼んでいる。
ロジスティクスとは「兵站」であり、必要な物資を必要な場所に届けることを意味する。
顧客が求めるモノ・サービスを適時に且つ出来るだけ安価に届ける、
これこそがアマゾンが目指していることだろう。
 
設立以来アマゾンは、その為の投資を大規模かつ物凄いスピードで行ってきた。
なにしろ1997年に上場してから一度も株主配当を行っていない。
創業以来は大きな利益は計上せず、全て倉庫などの設備投資に費やしてきたのだ。
 
アマゾンの強みはこの設備投資と、また、それを可能にする莫大なキャッシュフローであるという。
今もアマゾンは利益が低いと言われているが、
それは設備投資に大金をつぎ込んでいるから。(配当はないが株価は堅調だ)
本書内のアマゾンのキャッシュフロー関連データを見ると、
投資から得たキャッシュを示す指標である投資キャッシュフローは、
2017年は約1兆円のマイナスであった。
つまり、アマゾンは2017年の1年間で1兆円もの新規投資を行ったのである。
 
世界中を探しても、年間1兆円の設備投資が出来る会社は他に存在しないだろう。
アマゾンと他者の差は開くばかりだ。
 
他を寄せ付けない物流システム、ITインフラ、購買データなど構築したアマゾンは、
それらの強みを生かして新たな業界に参入していく。
いわゆる「アマゾン・エフェクト」だ。
ナスダックには「アマゾンによる死者リスト」というのがあるらしい。
大量に空売りされている企業がこのリストに載る。
空売りされているということは、死が近いという意味なのだ。
 
ちなみに、私個人的にはラストワンマイル(配送センターから家までの距離)の競争で、
今後どのような展開があるのかに興味がある。
 
日本ではヤマト運輸の労働問題が取りざたされていたり、
配送料が上がったりと、諸々の問題がある。
そこにアマゾンがどうやって入ってくるのか。
ラストワンマイルもすべて自分たちでやるようになったら、
それは人手で?それともドローンで?
(都会で大量のドローンが飛んでいるのはあまり想像したくないが)
現状日本では、外部(ヤマトや日本郵政)を使った方が安上がりらしい。
人手不足による賃金高騰や技術の発達が、
そのバランスをどのように変えて行くかに注目したい。
 
「超国家的」な存在になった(そしてこれからもっと大きくなるだろう)
アマゾンが作り出すこれからの世界について知ることの出来る一冊だ。
 

(参考) ドローンによる配達実験↓↓

【書評】若い読者のための経済学史

本書は古代ギリシャ時代から現代まで、いかにして経済学が発展してきたかを、理論を生み出した思想家・経済学者とともに説明する。一通り読むことで、世界の発展に貢献してきた経済学の理論を復習することができる。

 

経済学って何だろう?という人から、かつて経済学を学びもう一度振り返りたい人まで、多くの人が楽しむことが出来る一冊だと思う。

 

40章構成になっており、各章はそれぞれの経済学者の考えがコンパクトにまとめられている。大学院等で経済学を修めている人にとってはやや物足りないかもしれないが、学部で経済学を専攻していた僕にはちょうど良かった。登場する経済学者がどのようにして、それぞれの考えを発展させ、世の中に広めていったのかに興味を持った。この本で得た知識を元に、原著にも当たってみたいと思った。

 

現代の経済学のイメージは、難しい数理や金融などかもしれない。しかし歴史を振り返ると、経済学者達はその時代の社会が抱える問題を解決するための理論を一所懸命考えていた。世の中の問題は一つではないし、時代によっても違う。だから、矛盾するような経済理論が存在してしまう。でも、その矛盾する経済理論はどれも何らかの形で世の中に貢献してきたのだ。 本書は以下のようなメッセージで締めくくられている。

 

歴史上の思想家が示した様々な答えをよく理解することによって、私たちは触発され、極端な不平等、金融危機地球温暖化といった、今日の経済問題に取り組むために必要な新たな考え方を導きだすことができるだろう。問題を正しく理解すれば、より多くの人が豊かな生活を送るチャンスを手にし、そうでなければ、多くの人が苦しむことになる。必要な食べ物や医薬品を手に入れられなくて、死ぬ人もいるかもしれない。これは、専門家である経済学者だけでなく、私たち全員の課題である。

 

これが著者の考える経済学史を学ぶ理由だ。

 

現代の経済学者だけでなく、皆が彼ら・彼女ら考えを学んで活かすことで、それぞれの世界を少しだけよく出来る。そして、それが少しずつ積み重なって、世界が良くなってゆく。

 

勉強になるし、面白いので一読をオススメする。

 

 

若い読者のための経済学史 (Yale University Press Little Histories)

若い読者のための経済学史 (Yale University Press Little Histories)

 

 

【書評】それをお金で買いますか 市場主義の限界

それをお金で買いますか 市場主義の限界
 
この本の著者は「これから正義の話をしよう(Justice)」で日本国内でも有名な、ハーバード大学教授(政治学)のマイケル・サンデル氏。
原書のタイトルは、
「What Money Can't Buy」(お金で買えないもの)だ。
 
本書を読んだきっかけは、たまたま市の図書館に置いてあったから。
今回は本屋で購入し、再読した。
最近はホリエモンやちきりんなど、市場推進論派の方々が書いた本をいくつか読んでいたからだ。
本書は昨今溢れているそのような市場主義擁護論に対して、疑問を投げかけている。
数多くの例を提示し、なぜ市場の規範に違和感を覚える場合があるのかを丁寧に説明している。
 
なので、市場の力を(理由もなく)信奉している方には是非読んで頂きたい。
なぜなら、著者によると市場の規範を取り入れることにより、腐敗してしまう財やサービスが世の中には存在するらしいからだ。
つまり、市場による効率的な価値の分配という利便性を妥協してまでも、守るべき道徳というものがあるということである。
それが本書のタイトルである「お金で買えないもの(What Money Can't Buy)」の意味するところである。
 
    自由放任主義は2種類の異論を招く。1つは強制と不公正にかかわるもの、もう1つは腐敗と堕落にかかわるものだ。(p.268)
 
本書で議論されているのは上記の2つである。
 
1つは市場社会において、強制的に取引せざるを得ない立場に追い込まれている個人による取引は、自由な意思に基づいているとは言えないのではないか、という趣旨の異論。
 
自由放任主義者は個人の権利として、その人が所有しているものは常に自由に取引するできる権利があると主張するだろう。
しかし個人が取引せざるを得ない状況に強制的に追い込まれているとすれば話は違ってくる。
またその状況下での取引を自由意思に基づいた判断と言ってしまうのであれば、根本的な問題(例えば貧困)が無視されてしまう恐れがある。
 
そしてもう1つは、本来市場で取引されるべきでないものを商品化し市場で取引されることで、道徳的腐敗を招く可能性があるという趣旨の異論である。
 
本書の例の1つとして挙げられていたライフセトルメント業界がその例だ。ライフセトルメントとは生命保険の買い取り事業だ。買い手は末期ガンなどで余命が限られた人の保険を買い取り、売り手は生きている間に使うことのできる現金を買い手から得る。双方に取って利益のある話であり、誰も文句は言わないかもしれない。しかし買い手は売り手が死ぬまで保険料を払い続け、そして死ぬことで、保険料を得ることができる仕組みだ。つまり買い手にとってこの取引がペイするか否かは、どれだけ早く売り手が死ぬかに掛かっている。買い手は心の中で売り手が早く死ぬことを願うのである。果たしてこの取引は道徳的にいかがなものなのか。「人の死」を取引して良いのかという倫理的な問題が挙がってくる。
 
市場が反映したり促進したりするものは何らかの規範であり、市場で取引される善を評価する何らかの方法なのだ。したがってある善を商品化するかどうかを決める際には効率性や分配的正義の先にあるものを考えなくてはならない。(p.118)
 
「人の生命を商品化すれば、人間の規範にどのような影響を与えるのだろうか。」
商品化する前にこのような疑問を投げかけ、「人の生命が取引される市場」が、人々の生命に対する評価にどういった影響を与えるかを考える必要があると筆者は言う。
 
さまざまな財や活動に関して、私が本書で一貫して言おうとしてきたポイントが、ここに表れている。つまり、市場の効率性を増すこと自体が美徳でないということだ。真の問題は、あれやこれやの市場メカニズムを導入することによって、野球の善が増すのか減じるのかにある。これは野球だけだなく、我々が生きる社会についても問うに値する問題なのだ。(p.259)
※第五章で野球のスカイボックス化の影響について考察している。
 
本書において著者は一貫して、
「市場化の取引される財自体に与える影響」を鑑みる必要があると説いている。
その財が市場化によりどれだけ効率的に分配されるとしても、それによってその財が持つ善が失うものについてを議論しなくてはならない。
そして、そのような議論を真剣にしなければ、我々の生活は市場化の波に押し流されてしまうと著者は警告する。
 
 
 

【書評】最強のスポーツビジネス

 最強のスポーツビジネス
池田純/スポーツ・グラフィック・ナンバー[編]
 
池田純氏は元横浜DeNAベイスターズ球団社長で経営をV字回復させ、
プロ野球屈指の人気球団に育てた人物である。
現在も日本スポーツ界において多方面で活躍している。
 
池田氏Number Sport Business Collegeという勉強会を主宰している。
スポーツビジネスの第一線で活躍する方々をゲストに招き、
プレゼンテーションや参加者を交えた質疑応答をするといった内容だ。
本書はその勉強会の1年目計18回の内容一冊に凝縮した、
非常に贅沢なものである。
 
この勉強会には、JリーグBリーグの創設者である川淵三郎氏、Bリーグチェアマン大川正明氏、元ハードル選手で多方面で活躍する為末大氏、LEDバスケットコートなど「テクノロジー×スポーツ」を手掛ける斎藤精一氏、実業家の堀江貴文氏などがゲストとして呼ばれている。
斎藤氏やホリエモンなど元々スポーツの外にいた人も話していて、その知見はスポーツビジネスに新鮮な風を吹き込んでいる。
スポーツ業界全体がファンを惹きつけ、それを一過性のものにしない為にはどうすれば良いのか。このような疑問に対して本書はヒントを与えてくれる。
 
本書を読んで、とりわけラグビー界の本気度の高さを感じた。
2015年のワールドカップで南アフリカに勝利し、まさに「軌跡」を起こしたラグビー日本代表
ワールドカップまでの4年間、実に合計500日を超える合宿を行ったという。
あの歴史的な勝利は、日本代表チームの長期間に及ぶ準備と努力の結晶だった訳だ。
勝利もあって、日本代表はサンウルブズとして南半球のトップリーグのスーパーラグビーに参戦することが出来た。
裏で厳しい交渉を続けた上野氏(第9回のゲスト)の話は感動すら覚えた。
 
各ゲストスピーカーは、これからのスポーツビジネスを変えていく為には、スポーツだけのこと考えているだけではダメだと言う。
また、何人かのスピーカーは理想として、リピーター率90%を誇る東京ディズニーランドを挙げている。
川淵氏は日本国内でも他分野には学ぶべき成功事例沢山あり、スポーツ人材はもっと勉強しないといけない言っている。
スポーツビジネスに関わる人間(選手・スタッフ含め)はコンテンツとしての価値をどのように高めていくかを日々考えるべきだ。
初めて見に来た人に「また見に来たい!」と思わせるトリガーにもっと敏感になる必要がある。
 
著者の池田氏は以下のように言う。
スポーツの場合、その競技だけをやっていては盛り上がらない。サッカーのことだけを考えて、サッカーだけを見せているとダメ。選手も「サッカーが僕の仕事です」って、サッカーしかやらない現状がある。サッカーというコンテンツを生かしながら、どうやって地域を巻き込んでいくか、どうやったらスタジアムに来て食事を楽しんでくれるか、どうやったら週末に家族で来てくれるかを考える必要があります。(p.105)
 
本書は新書ながら現在のスポーツビジネスが抱える課題とリーダーたちのビジョンを網羅できます。
スポーツをやっている人には是非読んで欲しいです。
そして、どうすれば競技を盛り上げていけるかを一緒に考えましょう。
最強のスポーツビジネス Number Sports Business College講義録 (文春新書)

最強のスポーツビジネス Number Sports Business College講義録 (文春新書)

 

 

 
 

【書評】スポーツ国家 アメリカ 民主主義と巨大ビジネスのはざまで

スポーツ国家 アメリ

鈴木透

 

著者の鈴木透氏は慶応大学でアメリカ文化研究しています。
本書は、著者のアメリカ文化研究者としての知識と、趣味のスポーツ観戦の知識が融合された本です。


アメリカ発祥のスポーツであるバスケ、野球、アメフトについて書かれているので、これらのスポーツが好きな人にはお勧めです。
ネタになる豆知識的なことも多いので、楽しく読める本です。


本書はアメリカ型スポーツが
「社会と相互に影響を与えながら、どのように発展してきたか」
について書かれています。
本書を読むことで、
「スポーツは時代を映し出す鏡である。」
ということの意味が理解できるでしょう。


アメリカ型競技ので代表的なバスケ、野球、アメフトが発展したのは19世紀後半~20世紀、行き過ぎた商業主義への反省から、規制と改革を進めている時代でした。よって、アメリカ型スポーツにもその精神が反映されています。


次第にスポーツは人々の為の「公共財」としての役割を果たしていきます。
移民国家のアメリカは、「文化的独立」と「人為的集団統合」が宿命づけられていました。

その社会的要請に対して、「平等で実力主義」という特徴を持つスポーツは、「民主主義」のシンボルとして大きな役割を果たしていきます。

またスポーツはプロスポーツフランチャイズや大学スポーツを通じて、町づくりや都市ごとのアイデンティティ確立に生かされ、人々にとってますます欠かせないものになってきます。

しかしその一方で、最近はスポーツはビジネスとしての側面が大きくなりすぎてしまい、行き過ぎた実力主義による才能の使い捨てや、商業主義が新たな搾取の構造を作り出しています。
それにより、公共財・民主主義のシンボルとして発展してきたスポーツの良さを圧迫し、アメリカ型スポーツの発生時に嫌悪していた「商業主義」に向かってしまっている。

スポーツビジネスに関わる者は、ビジネスだけでなく、(自分らが関わっていることの)文化的な役割の大きさを自覚しなければならない。また、避けることの出来ない搾取の構造について理解し、批判的な検証を常に行わなければいけないと筆者は主張しています。

アメリカではスポーツ、民主主義、地域社会の三者が結びついてきた一方で、スポーツ、ビジネス、メディアの三つも結合してきた。これら二種類の連関のバランスをスポーツビジネスが見失うことは、アメリカのスポーツの持つ公共財としての長所を消し去り、アメリカ型競技理念に逆行する金ぴか時代的状況へと退行し人為的集団統合というこの国の究極の目標からも遠ざかることにもなりかねない。スポーツビジネスは、商業主義につきまとう搾取の構造についてより強く自覚するとともに、ビジネス以上のものに自分たちが関与していることを忘れてはならないのである。


もはやスポーツビジネスは、この国に欠くことの出来ない娯楽を提供する立場にある。プロスポーツ能力主義や地域貢献・社会貢献は、この国を動かす重要な歯車となっている。それだけに、スポーツの動向を絶えず批判的に検証していく姿勢が、競技を運営していく側にも、求められている。(
p.184

上記の箇所に筆者のメッセージが集約されています。

オリンピックやワールドカップが世界中に注目されるイベントであるように、スポーツが社会に与える影響は他と比較にならないほど大きいです。
それはスポーツがビジネスという側面だけでなく、元々の文化的な側面を持っているからです。
そしてまた、その影響はインターネット・グローバル化SNSを通じて日増しに大きくなっています。

この本を手に取った理由は、単純に私がアメリカ発祥のバスケが好きだからです。1891年にYMCAYoung Man Christian Association)の教師ジェームズ・ネイスミスによってバスケは発明されました。バスケの誕生について、ダーヴィン進化論と繋がっているという洞察は非常に面白かったです。ダーヴィンの進化論の影響によって、キリスト教福音派は2つに割れ、存続の為に世俗化した一派が「適者生存」から外れてしまった人々にキリスト教の精神を広めるために、健康を増進を謳い設立したのがYMCA(Young Man Christian Association)でした。

本書はアメリカにフォーカスされていますが、
グローバルな世界において、これからスポーツの果たす文化的役割がどんどん大きくなっていくと私は思っています。
その時に本書で上がっているトピックのように、その文化的役割とスポーツビジネスがどのように関わっていくかは今後の大きな課題に見えます。

アメリカンスポーツが好きな方には勿論、
スポーツビジネスに興味のある方にも、是非読んでほしい一冊です。 

 

 

 

【書評】ニューエリート グーグル流・新しい価値を生みだし世界を変える人たち

ニューエリート
ピョートル・フェリクス・グジバチ著
 
著者はポーランド生まれ、ちょうど社会主義崩壊の過渡期を経験した。
民主化・資本主義経済への移変わり時期の悲惨な状況を経験した後に、
自ら学費を稼ぎ大学を卒業。その後は海外3つの大学院に通い、
2000年千葉大学で日本人の消費行動を研究するために来日。
ベルリッツ、モルガン・スタンレー、グーグルと渡り歩き、
現在は人材コンサル会社「プロノイアグループ」を経営している。
 
このような異色の経歴を持った日本在住17年のポーランド人のピョートル氏。
今の働き方に疑問を感じている人に読んでほしい本です。
これからどのような働き方がスタンダードになっていくか。
その一端を知ることで、自分の働き方を考える上で参考に出来ます。
 
本書ではこれからのポスト資本主義の働き方が提示されているが、
その根底にある価値観は今までの「働く」という価値観と一線を画している。
 
筆者はこれから最も重要なってくるのは「自己実現」で、
その「自己実現」というのは「他者貢献」であり、
究極的には「生きる意味」に繋がると断言しています。
 
今までは学歴や会社名などが「エリート」の定義であったが、
これからは「持続的に成長していること」や「やりたいことができていること」等の「自己実現しているかどうか」、
本書タイトルである「ニューエリート」の定義ないし、成功者の指標なっていきます。
 
では、どのようにすれば「自己実現」をする「ニューエリート」に近づくことが出来るのか。
それは本書に詳しく書いてあるが、一部を紹介すると以下になります。
 
自己実現をするために、まず第一に「自己認識」が必要不可欠です。
「自分は仕事を通じて何を得たいか」「なぜそれを得たいか」「自分にとっての良い仕事とは何か」
等の自分の価値観や欲望を意識することが最初の一歩となります。
次に「自己開示」をすること。
つまり、自分自身が認識した価値観や欲望をきちんと周りの人に伝えられる、オープンなマインドセットが必要になります。
そして自分が望む形で「自己表現」(アウトプット)し、他人に価値を与える。
このような一連の行動「自己実現」に繋がると、筆者は言います。
 
まとめると、
これからの世界では、ビジョンを持ち、周囲と共有し、オーナーシップを持ってカタチに変えていく。
このようなプロセスが「個」の時代の価値であり、自己実現であり、
本書で言う「ニューエリート」の姿ではないか、と考えました。
 
そして自分に問いかけることは、
仕事で自分が出しているアウトプットにプライドがあるか。アウトプットを出すまでのプロセスを楽しんでいるか。(p.50)
本書の中で一番印象に残った言葉です。
 
スティーブ・ジョブズのあの有名なスピーチっぽくなるが)
もしその答えがNOであったら、何か変える必要があるのではないでしょうか。
 
教育も産業もない社会主義崩壊直後ポーランド
ゼロから人生を切り開いてきたからこそ
ピョートル氏のアドバイスは(特にこれからの時代)役に立つのではないかと思った。
なぜなら、個人の時代の成功指標である「自己実現」というのは、
自ら気づき、行動することによってしか得られない産物だからです。
 
やたらとグーグルのツールを推してくる点と、
中盤の内容が今一つだったのは少し気になったが、
序盤と終盤は読むべき内容が多いと思うので、一読をお勧めします。

 

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

 

 

 
 

映画「アンクル・ドリュー(Uncle Drew)」、日本公開決定!

Uncle Drew(アンクル・ドリュー)を知っていますか。

 

ペプシ・コーラのCMから始まったこの企画は先日映画化され、

日本でも2018年11月に公開されることが決定しました。

 

このYouTube1億回超の累計再生回数を誇る動画に出演する

白鬚爺ちゃんUncle Drewは、

実は現役NBAスターのカイリ-・アービング

個人的な意見ですが、

アービングはサッカーでいうとネイマールのような存在です。

 

見た目爺ちゃんのアービングは、

ストリートバスケのコートで若い連中を相手にプレーします。

最初は嘲笑の的になりますが、

突如覚醒し、連中を圧倒します。

 

CM動画ではそのようなストーリー構成でした。

 

Chapter4まで続いたこの動画は

アービング以外にも、

多数の有名なNBAWNBA選手が特殊メイクで出演し、

大きな反響を呼びました。

 

そして今回、映画になったという流れです。

 

予告編を見る限りだと、

映画はかなりコメディ的な要素が強い気がします。

 

映画ではアービングの他に、

かつてNBAを支配したシャキール・オニール

伝説的シューターのレジ‐・ミラー

175cm3度ダンク王に輝いたネイト・ロビンソン

などが出演します。

 

内容の良し悪しは正直分かりませんが、

これらの選手のプレーを映画館で見られると考えると、

凄く楽しみです。

 

特に主演のカイリー・アービングの動きは、

芸術ともいえる領域です。

 

なので、

サッカーを良く知らない人でもW杯のスーパーゴールを楽しめるように、

バスケにあまり興味ない方でも本作を十分に楽しめると思います。

是非、軽い気持ちで映画館に足を運んで観て下さい!(^^)!

~映画予告編~


Uncle Drew (2018 Movie) Official Trailer – Kyrie Irving, Shaq, Lil Rel, Tiffany Haddish

 

ペプシCM動画~


Uncle Drew | Chapter 1 | Pepsi Max

 

アービングのハイライト~


Kyrie Irving's Best Crossovers and Handles with the Celtics