This is Why I Write.

バスケ関連・書評・旅ログを中心に書いています。

初投稿&自己紹介

初めまして。

MARUです。

自己紹介します。

私は小1からバスケを始めて高校3年まで、

バスケ一筋で生きてきました。

高校3年の時、アメリカでバスケがしたい一心でアメリカのプレップスクールへの奨学金選考に応募しましたが、現地での最終選考で落選し行くことが出来ませんでした。

NBAという途方もない夢を掲げていましたが、
高校卒業するころになって現実が見えてきてしまって絶望し、
大学で続ける気はありませんでした。

それでも一般入試で入学した大学でバスケ部に入りました。
しかし、それまでような気持ちでやることが出来ず他メンバーと揉めてしまい、
大学2年途中で辞めてしまいました。

大学4年(2014年)にアメリカのサンフランシスコ州立大学へ2年間留学しました。その時はクラブチームや、ピックアップゲームでプレーをしていました。アメリカに興味を持ったのは、バスケを始めた頃に観たNBAがきっかけでした。それが最終的にアメリカの大学を卒業することに繋がりました。留学の2年間で改めてバスケットが好きという気持ち取り戻しました。大学で辞めてから留学するまでは殆どボールにすら触れ、もうやることもないと思っていたぐらいでした。

日本でもバスケというスポーツが、文化として成長していければ面白いんじゃないかと思っています。

バスケは2年前に日本でプロリーグが出来たばかりで、競技人口は多いものの人気はまだまだ高くないです。バスケが日本で根付くには時間と努力が必要でしょう。

個人の意見ですが、アジアで1つのプロリーグないし、アジアNo.1を決めるチャンピオンシップを作り、それを世界的に認知されるレベルに育ていくの方向がいいと思っています。
日本国内だけでやっていくのは、マーケット的にも限界があると思うのです。
そのような環境を作っていくことが、私の目標であり、夢でもあります。

その為には自分の意見を人に伝えられなければなりません。
それがこのブログを始めた理由です。

主に書評・バスケ関連・旅ログを書きます。
どうぞよろしくよろしくお願いします。

 

MARU